読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルギービール麦酒本舗 鹿児島の奇跡

鹿児島で唯一のベルギービールプロフェッショナル伝道師KOOHが、ベルギービール不毛の地【鹿児島】でひとりでも多くの人にベルギービールを広めていく伝道の物語

歴史

こんばんは。。

橋口です。

最近色んなところで見かけるようになった、レフ・ブロンド。

実はもの凄く伝統的なビールなんです。

今日はそんな、レフ・ブロンドのご紹介です。。。

レフ・ブロンドはアビィ・ビールというタイプの、元々修道院で造られていたビールです。

レフを造っていたレフ修道院は1152年、今も中世の面影をそのままに残すディナンの町に建てられ,

1200年代からビールの製造を行って来たそうです。

その後、レフ修道院は洪水や火災、戦争による荒廃といった幾多の破壊と再建を重ねましたが、

レフ修道院ビールの製法は脈々と受け継がれてきました。

1952年、第二次世界大戦後、財政的困難から修道院はビールの生産ライセンスを

外部の醸造所に譲ることにし、ここにレフ修道院のレシピに忠実に従って生産される

アビィ・ビール「レフ」の新たな出発が始まることとなりました。

そして、レフはアビィ・ビールの代名詞と呼ばれるまでになったのです。

そんな伝統的なレフ・ブロンドの気になるお味ですが、

飲み口はドライで、発泡はやや強め、甘味もありますが、苦味のある後味とキレの良さで、

さっぱりといただく事が出来ます。

苦味、旨味、酸味が見事に調和したバランスの良いビールです。

また厳選された香り高いモルトを使用して造られていて、

黄金色で軽い味わいの中に、オレンジを思わせるフルーティな風味があり、

クリーミーでマイルドな口当たりです。

誕生してから約800年経つアビィの歴史を飲むようなレフ・ブロンドを

是非お試しください。